社保最適化
労使協調路線で宜しくね!
Copyright(C): 2012-, AACCX GROUP INC., e-mail: dogami@taxes.jp, all rights reserved.

◆「節約」ってどういうことですか?
 このホームページサイトは、「社会保険料節減」が可能か否かを検討を通じ、やはり「無駄」を削るべき点が多々あるのでは?という観点から、合法的で妥当な範囲での社会保険料の見直しを提案しています。

◆法令は「標準報酬月額表」を使うよう強制していますが…。 
 ご提案のシステムは、「標準報酬月額表」を使い、100%適法に標準報酬月額表を上手に利用しています。全く違法性や不誠実さはありません。

◆誰が保障すますか?
 社会保険料負担の最適化をすれば、従業員の福利厚生制度としての権利が奪われることにならないか否かの検討が一番に大切です。弊社は、弁護士50名以上を要する弁護士法人監修による「社会保険料の最適化」ASP ソフトによる「社会保険料の見直し」提案をしております。「監修」というのは責任を持つという意味です。所謂「ヤワ」なことはしていないとご理解戴いて結構かと思います。

◆それで、どういう仕組なのですか?
 会社の給与情報の入力により、無駄と思われる部分の社会保険料(法定福利費)の負担金額を、シミュレ−ション・ソフトで、算出することができます(無料)。是非、このシミュレーションの結果に基づき、確かに問題の多い「社会保険 料負担の最適化」を、会社経営の安定的な継続という観点から、ご検討戴ける材料を提供したいと思います。

 その意味で、このメニュー「社会保険制度」は、総合的な視野から、経営上のご判断を戴くため、今後共に、内容を充実させて参りますので、宜しくお願い申し上げます。

◆確かな「メリット」を確認したいのですが…
 このシステムの良いところは、シミュレーションで投資効率が判明してから、措置できること、初回だけ支払えば、その後永く、毎年のメンテ・利用料(年間24万円(240人を超えると1人@年1,000円追加)を支払うだけで、ずっとシステムがご案内係(弊社)付で、ご利用戴けます。更に大手弁護士法人の代表者の監修、誰もが「首を横に振らない」ソフト構成により、司法上の不利益変更もないことが吟味されており、ご安心です。

◆「自社システム」を組みたいと思うのですが…
 客観的な所謂『経済合理性』の問題です。総合評価(人件費・開発費・維持費等)の見積もりと、割安な外注システムの比較が必要です。ご自社で「社会保険料削減システム」を開発されても、その妥当性は第三者の検証が必要ですし、当局の承認もなかなか得にくい領域のシステムだと思います。更に「自社でのメンテ」は、それ様の人材を確保し、その適正さを監査法人の「業務監査」に適合する水準に維持しなければなりません。また社員逐一のデータ管理について、大がかりな謂わば「守備隊」が必要で、余計な仕事を増やし、人件費を増やします。従ってそこには、コスト的に「経済合理性」は全くありません。現に多くの上場会社までもが、この外注システムを使って、大きなメリットを上げています。
 
 「自社開発した方が安い」という「高い、安い」の判断は経営者の立場での判断ですので、人件費や開発費がお構いなしの方が判断すると、会社としては、不都合が生じます。このシステムに関してのご関与は、経営意思決定に掛るものであること(効果は大きい)を、ご留意戴ければ幸いです。



Menu 
 
社会保険とは

 
社会保険料
 節減リスク


 
社会保険制度

 
健康保険法
 第3条


 
厚生年金保険法
 第6条


 
            社会保険制度
 社保節減! 社保最適化について!   会社案内 アクセス  
ご質問や、セミナー参加申込ができます。 サービス内容   料金体系 サイトマップ  
社会保険制度かあ?難しいなあ!
 
社会保険料の 無駄を削る!
難しい社会保険制度の掌握も、経営者の重要な仕事です!