Copyright(C): 2013-, AACCX INC., e-mail: dogami@taxes.jp, All rights reserved.
 職場の活性化は、会社の「非社会性」な直近の就業規則の「不利益変更」を見直し、会社の「社会性」を推進し「経営革新」に厳しく臨むこと!経営革新では、右の◎印の項目に効用があります。人材活性化では35歳迄は「成果主義」を廃すこと!。

 従業員を雇用する企業・事業主には、規模に関わらず社会保険、労働保険その他の労働法令の規則があります。行政からは立法趣旨として「働く環境を整える最低限の条件」の確保としての規則と捉えられています。従業員の立場からは、社会保険・労働保険の適用は、もしもの傷病や障害,死亡や離職の場合に加入者やその家族を守る「セーフティネットとなる公的保険」を完備するものとなっています。

 企業の立場とは別の従業員の立場から、従業員が安心して働ける職場環境を整え、且つ公的保険制度の手続をもれなく適正に行うことが義務づけられています。職場環境が整わず公的保険制度の手続が適正にできない企業・事業主に対しては、行政の制裁が加わります。

 ですから、職場環境の整備と公的保険の適正な手続を支援することで企業が生かされると考える方が、経済合理性に適います。頻繁に改正される労働基準法をはじめとする労働各法の重要な規定と、社会保険・労働保険の多岐にわたる手続について、「最新の内容」を大枠で掌握することは、社長にとって労働各法とのお付き合いのために必須です。

 社長が目をとおすべき項目は、労動基準法,労働契約法,パート労働法,育児介護休業法,石綿救済法や健康保険,厚生年金,労働保険,労災保険,雇用保険,そして天災地変時の対処,年金記録関係,求人関係,外国人の雇用など多岐に渡ります。能率のよい労働関係の情報収集にお役に立てば幸いです。

    平成24年10月10日  税理士堂上孝生/社労士本間和子


社保節減=純益増!

『不利益変更』の遮断!
社長なら・・・

司法上の
『不利益変更』を
完全遮断しよう!


経営革新!
『大きな純益増を、
  小さな努力で』
達成!

 

  Menu
社会保険料の節約
・『減収は命取り
(不利益変更の遮断)
不利益変更とは
不利益変更の事例 1
 (就業規則によるもの)
  ・給与引き下げ @
  ・退職金未払い A
  ・休日数の縮減 B
  ・フレックスタイム
  廃止 C
  ・成果主義導入 D
  ・定年の下方修正 E
個別合意によるもの
身分変更によるもの
「高度の合理性」
  ○不利益の程度 @
 ○必要性 A
 ○就業規則の公平性B
 ○代替措置C
 ○労働者との交渉 D
 ○多数派工作 E
  ○同業他社の比較 F
不利益変更の事例 2
 
社会保険とは
社会保険料とは
社会保険制度
社会保険料の最適化の全体像
国税徴収システムの歪是正で、▲4%の法定福利費が毎年減る
減収は命取り!

社長は、全体を見る人ですね!
社保 節約
   社長の関心事 社保節約の貢献度
1.製品開発
  ・営業開発
 ×

2.資金収支


3.人材確保
  ・人材活性化

4.財務会計  ×