標準報酬月額の範囲
1.健康保険法では、  第1級(58,000円)
              ~第47級(1,210,000円)
2.厚生年金保険法では、第1級(98,000円)
              ~第30級(620,000円)
 各最高等級を超える金額については、各最高等級が適用されます。
1.標準報酬月額の決定(法20条①、法46条②読替)
 標準報酬月額(70歳以上被用者の場合は「標準報酬月額に相当する額」)は、被保険者又は70歳以上被用者の報酬月額に基づき下図の等級区分によって定められます。
「等級区分の改定」は毎年3月31日における全被保険者の標準報酬月額の平均額の100分の200相当額が標準報酬月額等級の最高等級の標準報酬月額を超える場合において、その状態が継続すると認められるときは、その年の9月1日から、健康保険法の標準報酬月鮫の等級区分を参酌して政令で当該最高等級の上に更に等級を加える標準報酬月額の等級区分の改定を行うことがでます(法20条②)。


標準報酬月額等級  標準報酬月額     報 酬 月 額
第1級   98,000円  101,000円未満
第2級 104,000円 101,000円以上107,000円未満
第3級 110,000円 107,000円以上114,000円未満
第4級 118,000円 114,000円以上122,000円未満
第5級 126,000円 122,000円以上130,000円未満
第6級 134,000円 130,000円以上138,000円未満
第7級 142,000円 138,000円以上146,000円未満
第8級 150,000円 146,000円以上155.000円未満
第9級 160,000円 155,000円以上165,000円未満
第10線 170,000円 165,000円以上175,000円未満
第11級 180,000円 175,000円以上185,000円未満
第12級 190,000円 185,000円以上195.000円未満
第13級 200,000円 195,000円以上210,000円未満
第14級 220,000円 210,000円以上230.000円未満
第15級 240,000円 230,000円以上250.000円未満
第16級 260,000円 250,000円以上270,000円未満
第17級 280,000円 270,000円以上290,000円未満
第18級 300,000円 290,000円以上310,000円未満
第19級 320,000円 310,000円以上330,000円未満
第20級 340,000円 330,000円以上350,000円未満
第21級 360,000円 350,000円以上370,000円未満
第22級 380,000円 370,000円以上395,000円未満
第23級 410,000円 395,000円以上425,000円未満
第24級 440,000円 425,000円以上455,000円未満
第25級 470,000円 455,000円以上485.000円未満
第26級 500,000円 485,000円以上515,000円未満
第27級 530,000円 515,000円以上545,000円未満
第28級 560,000円 545,000円以上575,000円未満
第29級 590,000円 575,000円以上605,000円未満
第30級 620,000円 605,000円以上

              2.標準報酬月額
   厚生年金保険法   第2講 費用の負担
           【目 次】
 1.報酬・賞与   2.標準報酬月額   3.標準賞与額
  4.国庫負担  5.保険料の金額  6.保険料の納付
  7.滞納     




   


Copyright(C): 2012-, AACCX GROUP INC., e-mail: dogami@taxes.jp, all rights reserved. 

Menu
 
社保削減提案のトップページです!
厚生年金保険法
(費用の負担)
1.報酬・賞与
2.標準報酬月額
2-1  決定
2-2  算定
2-3  算定の特例
3.標準賞与額
4.国庫負担
5.保険料額
6.保険料の納付
社保節約の全体が見えます
社会保険料の最適化!不利益変更のない対策とは

厚生年金保険法
厚生年金保険は、従業員福利にとって、極めて重要な制度です!
社会 保険