Copyright(C): 2013-, AACCX INC., e-mail: dogami@taxes.jp, All rights reserved.

        労働条件に関する不利益変更の高度の合理性


  労働者の労働条件の不利益変更に関する「高度な合理性」には7つの基準がありますが、順次、@〜Fまで、各々サブメニューを設けて、以下のとおり説明させて戴きます。

 
F 不利益変更内容に係る同業他社の状況

  これは、自社の不利益変更が同業他社に比して厳しすぎるか否かの検証
 を行う必要性があることを意味します。

  そのためには、賃金カットの話のみならず、経営全般について、平素か
 ら、同業他社比較の情報を収集する体制は、人事部としてではなく、会社
 の戦略室の仕事として、いつでも、「情報化」できる状態に、整備して
 おく必要があります。

  賃金カットは、安易に行うと敗訴すると云うことは、経営上、社長の
 の常識です。

  Menu
社会保険料の節約
減収は命取り
(不利益変更の経営土壌)
不利益変更とは
「高度の合理性」
  ○不利益の程度 @
 必要性 A
 就業規則の公平性B
 ○代替措置C
 ○労働者との交渉 D
 ○多数派工作 E
  ○同業他社の比較 F
 
不利益変更の事例
 
社会保険とは
社会保険料とは
社会保険制度
社会保険料の最適化の全体像
国税徴収システムの歪是正で、▲4%の法定福利費が毎年減る
不利益変更の合理性 判断基準(最高裁判例)

社長は、全体を見る人ですね!
社保 節約